1000万の家を千葉で探すための方法

千葉で新築の家を建てたい、もしくは建売の新築住宅を購入したいと考える人で、予算が1000万という人もいます。予算が1000万と聞くと少なすぎると思うかも知れませんが、方法が全くないというわけではありません。先ず1000万の予算で家を建てるなら平屋建てにしたいとう考えは捨ててしまう事です。というのも、家の価格は延べ面積で変わってくるので、簡単に言うと面積が少ない方が安くなるという事になります。面積が狭いと言っても、2階建てや3階建てにする事で3LDKにも4LDKにもできるので、家族で住むための家を建てる人でも安心です。更に、1階部分を駐車スペースにする事で駐車場も確保できるので、面積が狭い事は家を建てる上でさほど問題にならないと言えます。自分たちの理想に合った家造りが十分に実現できる予算が1000万です。

シンプルな家にする事がコストを下げる方法となる

予算1000万で千葉に家を建てるにあたり、延べ面積を狭くする事以外にどのようにしてコストを下げていくのかお話しします。家を建てる時には、外国風のデザインや、流行りのお洒落な雰囲気にしたいと考えるものですが、コストダウンのためにそういった部分は削るようにします。見た目が素敵な家は帰ってきた時や出かける時、また来客時などに自慢にもなるものですが、その分デザイン性にばかりこだわったせいで住みにくい家になってしまう事もあります。そうでなくてもやはりデザインにこだわればそれだけ予算がかさんでくるので、ここは抑えるべきです。更にオプションなどを付けていってしまうと、知らぬ間にどんどんと予算が膨れ上がってしまうので、ここは最低限のところで妥協しぐっとこらえるのが得策です。

建売住宅や規格住宅よりも注文住宅が良い

一般的に、予算をとにかく抑えたいなら建売住宅や規格住宅を選ぶべき、注文住宅はコストがかかると思われがちです。しかし、実は建売や規格住宅でも間取りや建材、設備といった部分は規格化されるので、本当にコストダウンを考えるなら、注文住宅を選ぶべきなのです。千葉で家を1000万で建てたいなら注文住宅を選び、例えばトイレにこだわりはないから安い物にする、間取りはできるだけシンプルにする、自分達でDIY出来る部分は住んでからにするなどの方法を取る事で、コストダウンできます。もう一つ1000万で家を建てるにあたり重要となるのが、住宅会社を探す事です。予算内で自分たちの希望に出来るだけあった住宅を建ててくれ、それが安いだけの悪徳業者でない事を見抜かなくてはなりません。その為には複数の住宅会社を回り、比較して見極めてから決める事が大切です。