千葉にて1000万円で家を手に入れる方法

千葉県は東京都や埼玉県と接し、房総半島の海岸線や東京湾といったベイエリアもある地域で、テーマパークや空港まである多様性に富んだエリアといえます。東京都内まで短時間で行け、都心アクセスも良好で、都内では予算オーバーな方が新築の家を建てるのにも適しています。東京都内に勤務している人が集まる場所でもあり、海岸線やベイエリアに別荘を持つ人も少なくありません。千葉で1000万円という予算で家を探すのであれば、まずは千葉にある不動産業者を探すところから始めましょう。そして、希望するエリアがあれば、そのエリアの物件を得意とする業者とやり取りをするのが一番です。大手業者からそのエリアのみを担当する業者もありますので、その業者が得意とする分野を調べて、希望を伝え、いくつかの物件を出してもらいましょう。

エリアを絞って相場を調べてみる

東京のベッドタウンでもある千葉にはテーマパークのある浦安、船橋、勝浦など、大きな地方都市がいくつかあります。通学や通勤のアクセスが良好な場所にはマンションが多く、都心部へのアクセスに時間がかかるエリアには一軒家が多いのが特徴です。1000万円という限られた予算で家を探すのであれば、駅からぎりぎり徒歩圏内のエリアで、建売の物件を調べてみるのもいいでしょう。いくつかの同じような一軒家が立ち並ぶエリアであれば、スーパーが近くにあるなど、生活に適した周辺環境が期待できます。また、田舎暮らしを希望するなら、外房エリアを狙うのがいいでしょう。都心から遠くなるぶん緑も豊かで、季節の自然を楽しめます。平屋が多く、築年数が浅い物件も多く存在します。地元の不動産業者が得意とする物件が多いのが特徴です。

信頼できる不動産業者探しからスタート

首都圏内である千葉は、都心寄りのエリア以外は比較的安価で家を購入することができます。東日本大震災の影響をうけたエリアや新開発で生まれ変わった地域は、新しい街並みになり不動産相場もそれなりですが、昔ながらのエリアには1000万ほどの安価な物件があります。地元の不動産を中心に、サイトで希望を伝え、希望に近い物件があれば足を運び実際の建物を確認するのがいいでしょう。海沿いであれば、海風の影響をうけますし、テーマパークの近い場所であれば、週末に人が多くなるのは必然です。地元の不動産業者で信頼できる担当者と出会うことができたら、周辺環境についても情報をもらうことができるでしょう。まずはいい業者探しに力を入れるのが賢明です。親身になって相談にのってもらうことができる担当者であるかどうかを見極めることからいい物件探しが始まります。