千葉でも1000万の家を手に入れられる裏技

予算1000万円という建築費用計画のもと、千葉県を含め関東エリアで新しい家を手に入れることは、不可能ではありません。ここ数年の住宅建設会社の動向をみると、大手ハウスメーカーの建築受注件数が伸び悩む状況下、全ての経費込みや無駄な建築費用カット等を標榜している低価格住宅メーカーは着工件数を伸ばしているようです。建築にかかる費用は、建築基準法などが関係し必要性の高いものから仕様部材へのこだわりやデザイン性重視する際に発生するプラスアルファの費用が存在します。低価格住宅では、後者のプラスアルファの費用をカットして、一般的にリビング横には、和室等の部屋が隣接されていますが、その概念を取り除き、部屋を無くして費用を抑える等の削減工夫が随所に見受けられます。このような点を完全に理解し納得すれば、1000万円という予算範囲内で新しい家を手に入れることは十分、可能と考えます。

千葉で1000万にて品質の高い家を新築する方法

一生暮らすこととなる新しい棲家を、千葉方面で土地代を除き予算1000万円で計画する場合、低予算なのでいきなりローコスト住宅メーカーありきで考えてしまう人がいます。しかし、大手有名住宅メーカーでも建築方法を考えれば十分、実現可能です。大手有名住宅メーカーで建築依頼するメリットは、耐震性や保証などを含むメンテナンスの充実と考えます。そのメリットは、建築予算に影響されないはずです。従って、予算範囲内で注文住宅を建てるという考えならば可能です。例えば、間取りプランでは、部屋数を減らして、内装ではクローゼットを設けず、一ヶ所のみ収納専用ルームを設け最低限の内装に止める工夫等を実施すると、十分、費用対応が可能となります。そして、品質を落とすことなく理想の家を手に入れることができます。

千葉方面で予算1000万の家を探す方法

新しい家を手に入れる為には、新築だけではありません。築年数の浅い中古住宅も視野に入れて検討すべきと考えます。千葉など関東エリアには、数多くの中古物件が存在しています。中には、とてもお得な物件に巡り合える場合があります。家主の都合により、早期売却したい等の理由から破格値で提供されることがあるのです。そのような物件情報を得るためには、中古住宅関連のチラシやネット情報だけでは十分に対応できません。やはり、地元密着の不動産業者の物件情報が必要となります。魅力的な物件は、あまり表に出てこないと考えるべきなのです。複数の不動産業者に定期的に出向き、事前に具体的な予算1000万円、居住予定構成や希望の築年数、間取り等条件を伝え、要望に近い物件が出てきた場合、即、連絡をもらう関係づくりに努めましょう。