千葉でも探せる1000万の家とは

千葉県に土地があり家づくりを考え始めた方にとって、予算をどの程度にするか、どうやって建てたらよいのか、お悩みの方もいらっしゃると思います。予算は少ないほうが理想的です。実は、1000万円というローコストで家づくりが可能なのです。注文住宅の建築費は主に材料費と人件費、それに販売促進費で構成されており、よく見かけるCMなどを行っている住宅メーカーなどでは人件費や販売促進費が高くなることが考えられます。そこでおすすめなのが、工務店です。デザイナーさん次第で住宅メーカーに負けない素敵な家づくりが可能です。地域密着の工務店ならではの設計であればより土地のことを理解しており、ぴったりの設計をしてくれるはずです。1000万円での家づくりに最も大切なのは、会社選びということになります。

千葉で安く家を建てるなら、会社選びが重要

千葉で1000万円というローコストで注文住宅を建てるには、会社選びが重要です。工務店やいわゆるローコストメーカーも存在しますが、プラン次第では住宅メーカーでも安く建てることができます。住宅メーカーであれば建材の品質が保たれ、気になる耐震性や品質の不安などが減ります。家づくりに関する情報を積極的に集めて勉強し、それぞれの会社の持つメリットやデメリットを比較して、会社を決めましょう。また、ネットで簡単な登録をするだけで、複数の会社からオリジナルの提案をしてもらえるサービスもあります。間取りなども具体的に見えてくると、生活イメージもしやすいです。何社も出向いて話を聞く必要がなく、気楽に提案の違いを把握できるのでおすすめです。また条件に合った土地探しの提案もしてもらえます。

千葉で家を持つなら、中古住宅もおすすめ

思い切って中古の家を選択肢に入れてみるのはいかがでしょうか。新築住宅の建築費用は、他の事業の影響などで職人不足気味であることから、人件費が上昇しつつあるため条件に合ったものが叶わないこともあります。古いという点ではデメリットになってしまいますが、安く中古住宅を手に入れ、リノベーションするなどして自分好みの家づくりを楽しむ方も増えています。購入価格と合わせて予算内でのリフォームやリノベーションを行えば、1000万円で家が手に入ります。新築となるとどうしても条件は限られてしまいますが、中古住宅であれば幅広い選択が可能であることも魅力です。千葉では1000万円という予算内で住宅を購入するのであれば、駅から近いなど立地条件的にも中古住宅のほうが条件は良くなります。気になるのは耐震性ですが、1981年以降の物件であれば耐震基準の見直し後のものであり安心と言えます。